生誕祭実行委員会の推し事③ 手配編 印刷物 ~AKB48グループ~

生誕祭で配布するフライヤー(生誕祭企画の説明など)、うちわ、横断幕などなど

印刷会社さんにお世話になることが多くなります。

地元の印刷会社を利用する方法もありますが、最近は費用を抑えるためにネットから申し込みもあります。

ほとんどの場合、納期に余裕があるほど費用を抑えられます。

 

筆者が利用していたのは下記です。

フライヤー、生誕メセカ、うちわ など。

www.print-taro.jp

電話、メール等でのやりとりも丁寧でした。

 

横断幕

横断幕の制作はこちらを利用したことがあります。

納期に余裕を見ておけば、費用も安くなります。

実際、短納期で地元の印刷屋へ依頼→ 24000円

同じサイズをネット業者へ       →  8000円

と3倍ほど費用が変わりました。

nobori-print.just-shop.jp

 

印刷物データ作成の注意点

・色味に気を付ける

それぞれ依頼する場合のデータ形式もそれぞれですが、代表的なのはAdobe Illustratorです。印刷屋さんもそのまま印刷用データに使用できるので、納期もコストも抑えられます。

業者によって、Photoshop、Word、PowerPoint、PDFでも受け付けている場合もあります。またテンプレートなど準備されている場合もあります。

気を付けないといけないのは、作成中 パソコンで見ている色味と印刷物の色味に差異が出てきます。

パソコン上で作成する場合はRGBで作成しますが、印刷物はCMYKから色を作成しますのでどうしても思った色味とのズレが出てきます。

PhotoshopIllustratorにはCMYKモードが準備されていますので作成時にはCMYKモードで作成しましょう。

もしくは手持ちにプリンターがあれば実際に印刷して色味を試した方が安全です。

 

・余白に気をつける

印刷は用紙のギリギリまできれいに印刷できない場合や何百枚も印刷しているとどうしても数mm程度ずれてしまう場合があります。

印刷屋側で準備しているテンプレートにも余白部分がとってありますが、余裕を持って枠内に収まるように配慮しましょう。

 

 

生誕祭実行委員会の推し事② 手配編 フラワースタンド ~AKB48グループ~

AKB48グループの生誕祭で欠かせないのがお祝いのフラワースタンド

文字通り生誕祭に華を添える存在です。

 

AKB48HKT48で よく利用されているお花屋さん2件を紹介しておきます。

 

AKB48劇場

花文 (はなぶん)

秋葉原の劇場からほど近い場所にあります。

(歩いて10分くらいだったかな)

AKB48メンバーのフラワースタンドを多く手掛けています。 

ameblo.jp

 

HKT48劇場

ABCフラワー 

www.abcflower.co.jp

系列の店舗が多数あります。私が利用していたのは

「フローリストらんらん」

中洲川端駅 博多座の近くにあります。

HKT48メンバーや福岡でコンサートするアイドル、アーティストのフラワースタンドを多く手掛けています。

 

フラワースタンドを花屋さんに依頼する方法ですが、生誕祭実行委員会によって様々みたいです。

おおよそのイメージを伝えてお花屋さんにお任せするパターンと

具体的に使う花、色、デザインを指定されるパターン。

イラストなどがあると花屋さんもイメージを掴みやすいそうです。

いずれにしても納得いくものに仕上げるには花屋さんと打ち合わせすることをお勧めします。

AKB48 Team8 高岡薫(たかおか かおる)のアイドル力

Team8 愛媛県代表 高岡薫さん 17歳

端正な顔立ち、小柄で小顔の美少女。

ニコニコ笑顔が可愛らしく、ステージ上で見せるキレの良いダンスパフォーマンス、健康的で屈託の無い明るく優しい雰囲気が彼女の魅力だと思う。

劇場公演、ライブ中は会場内のファンへ目配りも出来ていてレスもマメに送っている。

握手会も話していて楽しいし、対応も良い。

アイドルがよくやる“釣り”の要素はないけれど、誠実な対応をしてくれる。

ファンがレーンを出て行くまでちゃんと見送っている。

特技はバイオリン、三線

お父さんが沖縄好きらしく、家族旅行で何度も訪れているそうだ。

学業を優先しているため、ライブ、イベントへの出演回数は他のメンバーより少なく、レアキャラとも呼ばれている。

 

Team8 4年目にして人気も評価も徐々に上がっている。

理由は 振り入れなど公演やコンサートの準備が出来ていて、ミスが少ない。

後輩の面倒見が良いなど。

劇場公演の直前にメンバーが体調不良で出演出来なかった時はそのメンバーのユニット曲も務めた。

自分が出演しない楽曲、ポジションも積極的にレッスンを受け、レッスンに参加できなかったメンバーのために動画を作ったり教えたりしているそうだ。

Team8 のドキュメンタリー映像、メイキング映像などを見ていると、メンバーを励ましたり、寄り添ったりしている様子が見て取れる。

彼女がTeam8 が好きで、チームに貢献したい、メンバーの役に立ちたいという気持ちが現れている。

チームの中で「縁の下の力持ち」としてメンバーからの信頼が厚い。

そうした面が他のメンバーから語られ、ファンにも知られるにつれ人気も上がり始めた。

 

握手会で本人に訊いたことがある

学校の勉強はもちろん、バイオリン、ダンスの練習、それぞれ時間を決めてほぼ毎日取り組んでいるのだそうだ。

プライベートメールやブログなどから、学業とAKBの活動の両立を目指していて、どれも疎かにはしたくない彼女の真面目な姿勢が見てとれる。

 

グループ内でのポジションや総選挙の順位など48Gのメンバーの多くは自分の立ち位置を気にして一喜一憂するメンバーも多い中、あまりそんな素振りも見せない。

内心思うことはいろいろあるかもしれないけれど

気負うことなく、アイドル活動を楽しんでいるように見える。

ファンとしては、彼女の元気な姿を見るのが楽しいし癒される。

AKB48の中でも少し不思議な存在だなと思うけれど、

彼女の在り方はアイドルの本質を現していると思うし、

一人の人間としてこういう人が本当に強い人なのではないかと思う。

 

「風薫る」

名前の由来であり、本人も好きな言葉。

名は体を表すの言葉の通り、

彼女は48Gの中で、さわやかな風を靡かせ楽しみながらそこに佇んでいるように見える。

 

 

 

SKE48は今が一番楽しい 〜初心者ファンの視点から〜

SKE48を好きになって劇場に行くようになったのも最近。

未だにSKE48初心者だけれど、ちょっと書いてみます。

 

AKB48ファンとして、SKE48も初期からメディアで見ていたりシングルもそれなりに購入していたけれど、特に推しも居ないし、劇場やコンサートに足を運ぶまで至らなかった。

それがここ2年で急にSKEファンになった。 

キッカケは2年前、2016年の沖縄イベント。

「え?何でこの時期にSKE48 沖縄に来てくれるの?」

だった。しかも超ローカルなサンエー西原シティにまで。

メンバーは6期、7期、D1から選抜された8人。

野島樺乃、荒井優希、小畑優奈、北野瑠華竹内彩姫日高優月熊崎晴香、髙寺沙菜

名前は知ってるけど顔とあまり一致しないメンバーが半数だった。

幸運なことにライブは最前真ん中ブロックで観ることが出来た。

セトリはSKEのシングルからヒットメドレーとも言える選曲。

初めて近距離で見るパフォーマンスに圧倒された。

正直なところそれまで見た48Gのどのライブより、他のグループの劇場の最前列より迫力があった。

さすがパフォーマンスに定評のあるSKE48

ライブのインパクトも凄まじかったが、MCも印象に残った。

「私たちは(一般的には)まだまだ知られていない。もっと知ってほしい。知ってもらえるように頑張ります。」

といった内容だった。

あのSKE48が、AKB48に次いで実績のあるグループのその謙虚な言葉はちょっと衝撃だった。

 

その頃、SKE48は従来の活動に加えて、文字通り北は北海道から沖縄まで全国各地で小規模なイベントも展開していった。

もちろん地元名古屋でも小規模のイベントも多く開催している。

これはSKE48が大きく変わろうとしているのかもしれない。と思った。

 

2017年もSKE48は沖縄に来てくれた。

今回も8名。

北川綾巴松本慈子、小畑優奈、北野瑠華竹内彩姫日高優月、末永桜花、菅原茉椰

前年のイベント以降、自分なりにSKEが出演しているメディアをチェックして、6期以降も顔と名前が分かるくらいになっていた。

  

その中で日高優月さんのパフォーマンスに惹かれて、

「これは一度 劇場でも観てみたい。」

と思うようになり

2018年の3月にSKE48劇場に足を運んだ。

チームKⅡ 「0start」公演

KⅡはリーダー大場美奈、2期生の内山命高柳明音、3期生 松村香織 といったベテラン勢に加え、総選挙選抜組の惣田紗莉渚古畑奈和SKE48の新センター小畑優奈といったタレント揃い。

2018年の総選挙ではチーム別で最多ランクインを果たしている。

その日は惣田紗莉渚生誕祭ということもあり、オリジナルメンバーがほぼ揃っていた。

オープニングの「RESET」から全力パフォーマンス。

劇場のスポットライトを浴びて輝くメンバーが眩しい。

楽曲ごとにさまざまな表情、パフォーマンスを見せてくれる。

MCもベテラン勢を中心に展開していてテンポよく笑いっぱなしだった。

6期生の日高優月竹内彩姫北野瑠華もそれぞれ持ち味があって良いし、

若手も水野愛理、太田彩夏と注目の美少女2人の存在感が光る。

一気にその世界に引き込まれて2時間があっという間だった。

 

劇場で見て思ったのは、ベテラン勢から若手までとにかく全力で劇場公演を楽しんでいる感じが良く、

それぞれの個性が上手く補完されて絶妙にバランスが取れていて安心して見ていられる。

その上でその熱いパフォーマンスで一緒に熱くなれる。

その後もKⅡ公演を2回見た。

4月 日高優月生誕祭、6月「最終ベルが鳴る」初日の2公演。

毎回とにかく全力で楽しめた。

他のチームは未だ見る機会がないのだけれど、チームKⅡだけ観ても、

SKE48はSKEイズムを先輩から後輩へ継承しつつ新たなチャレンジを重ねている。

その姿はワクワクするような期待感もあり見ていて楽しい。

そうした面が初心者から見ても

SKE48が一番楽しい!

と思える。

それだけの魅力がある。

 

「もっともっとたくさんの人たちに知ってもらえるように」

 

という言葉は、6月に観た「最終ベルが鳴る」初日公演でも、MCで語られていた。

その謙虚な姿勢が続く限り、SKE48はこの先もっともっと楽しいグループに進化し続けるのだろうと思う。

 

この先も時々 名古屋に遠征してSKE48劇場に足を運びたいなぁと思っている。

Swip 高岡芽衣さん18歳のお誕生日

f:id:KotaroOkinawa:20180730182616j:image7月24日は推しの高岡芽衣さんの18歳のお誕生日でした。

初めて見た16歳のときから美人だなぁと思っていましたが

最近ますます大人っぽく綺麗に美人になってます。

明るさや優しさ、思いやりといった内面の美しさもそのままに。

一方でSNSの文章を読んでいると考え方がしっかりしてきていて人としての成長が垣間見えて。

きっと素敵な大人の女性に成長しますね。

この先もステージやメディアで輝く芽衣さんを見ていられたら、応援できたらいいなぁと思っています。

芽衣さんがたくさんの人に知ってもらえて、夢が叶いますように。

Swip 保田梨里華(やすだ りりか)さん

プロフィール

保田 梨里華 (やすだ りりか)
誕生日 2001年 8月12日  17歳
担当カラー PURPLE
Swip 1期メンバー
ニックネーム:リリカ(Ririka
趣味・特技:睡眠、バスケットボール

血液型:B型

 

f:id:KotaroOkinawa:20180729191928j:image

美少女揃いのSwipの中ですごく良い意味で沖縄らしい南国美少女。

くりっとしたきれいな瞳が印象的

笑顔が可愛らしく魅了されます。

ライブではいつも全力のパフォーマンス。

流れる汗が輝いてます。

SNSからはレッスン、自主練に励んでいたり、メンバーの卒業が続いた時にはファンを優しく気遣うコメントをしたりとSwipの活動に対する思いの強さが感じられます。

負けず嫌いで努力家な面はアイドルを熱く応援したいファンに好まれそうです。

 

Swipが本格的に東京進出、全国展開する時にそのビジュアルとキャラクターからさらに人気が出るだろうなと思ってます。

 

Swipで唯一の血液型B型。

B型は天才肌の芸能人、スポーツ選手も多く、好きなことには努力を惜しまない面があると言われています。

 

梨里華さんの将来が楽しみですね。

 

所感

高校生になって さらに綺麗に、大人っぽくなった印象です。ニコッって笑うと本当に引き込まれるような可愛らしさがあるんですよね。

ライブ中にすごくカッコいい表情見せる瞬間があって、魅せ方を覚えたら大化けしそうで楽しみに見てます。

例えば挑むような表情も似合いそうで幅広い表現が出来る要素を持った人だなぁと思います。

劇場公演

AKB48のファンになってやがて10年になるのだけれど

最近 劇場公演が一番楽しいなぁと思う。

もちろん握手会やコンサート、イベントも楽しいのだけれど。

遠征するなら劇場公演が一番。あの狭さからとにかくメンバーが近い。

推しをたくさん観られるし、他のメンバーについても新たな魅力に気づくことができる。

あんなに近くで表情やパフォーマンスを細かく観られる機会ってそうそう無い。

観客側の一体感もあるので全力コールできる。終わった後の満足感が一番強い。

 

特に6月のSKE48 チームKⅡ 「最終ベルが鳴る」初日公演は楽しかった。

まさかの初日!しかも最前列!!

メンバー近い近い、目線合って恥ずかしいくらい。

ステージを踏み鳴らす音が響き渡る圧巻のパフォーマンス

「最終ベルが鳴る」公演は楽曲がバリエーションに富んでいて、メンバーそれぞれのいろんな表現が観られるのがひとつのポイント。

約2時間、観ている方も息つく暇がないほど。

 

劇場公演は行けるものならもっと行きたいなぁと思うけれどを考えるとそうそう頻繁には。。。

それでも今後も機会を見つけて観に行きたいなと思っている。

 

そんなことを書いてるけど

沖縄住みの遠征民なのでそれほど回数行けているわけではない。

数えてみたら

HKT48劇場15回、AKB48劇場6回、SKE48劇場3回、NGT48劇場1回

合わせても25回、少ない

 

やっぱり思い出深いのはHKT48劇場ホークスタウンにあった頃の旧劇場。

劇場前でヲタ同士の交流も楽しかったし

アンコール前の口上やらせて頂いたり生誕、卒業企画の脚立に乗っての説明をやらせて頂いたり…

 

最近はチーム8とSKEが中心になっているけれど、今年のうちに久しぶりのHKTとまだ行ったことないNMB48劇場に行きたいなと思っている。