こたろー♪のブログ

沖縄在住、ときどき遠征。 ヲタ活について書いてます。。  推しは Swip 高岡芽衣さん。AKB48グループを中心にアイドルファンしてます。

『華がある人』 Swip 高岡芽衣さん

2年前の2016年12月10日

Swip高岡芽衣さんを初めて見たときのことはよく覚えています。

 

その日がステージデビューという女の子は

とてもきれいで

大人っぽさと

知性を感じさせる澄んだ瞳が輝いていました。

 

こういう人っているんだなぁ。。と

 

『華がある人』

 

という言葉は知っていても

その言葉が似合う人に初めて出会った気がします。

 

そう思うのは、

顔立ちの美しさに加え

可愛らしいしぐさや

優しく明るい笑顔に

あると思います。

 

以来、2年間見ていて

会うたびに大人っぽく美しくなって

さらに魅力的になっていて

 

いずれよりたくさんの人に愛される存在になると思いながら見ています。

 

この先も芽衣さんがステージに立つ姿を見ていたいし

もっと大きな舞台で活躍する姿を見届けられたら

ファンとして幸せだなと思っています。

 

3年目も芽衣さんにたくさん会えたいいなぁ。

 

 

 

映画 機動戦士ガンダムNT 感想

12月1日、映画の日ガンダム 劇場版 ガンダム NT 観てきました。

f:id:KotaroOkinawa:20181202010327j:image

f:id:KotaroOkinawa:20181202010335j:image

ガンダム らしい人間ドラマと宇宙空間でのMSの無重力のハイスピードバトルは迫力があって圧巻。劇場で観ておいて良かったと思える作品でした。


ガンダム UC で描かれた『ラプラス事変』後の物語。

ガンダム UC 3号機をめぐる争いと奇跡の子と呼ばれた3人の物語。

これまでのガンダムの歴史を踏まえつつ、次の物語へ続く作品。

 


懐かしの登場人物、モビルスーツもちらほら。

宇宙世紀の振り返り的要素もあり、昔からのファンには見どころが多いです。

 

その後に続く劇場版『閃光のハサウェイ』も楽しみです。

 

ガンダム はロボットアニメ、SF、近未来の歴史物語として戦争を舞台にそこで生きる人々の戦う姿、争いをやめられない人類の愚かさ、悲しさを描いた人間ドラマですが

ニュータイプ の存在、描写が増えるにつれ、哲学的な要素とファンタジーの要素が強くなりました。

それがあってこそのガンダム ワールドなのですが、

逆襲のシャア』に登場したサイコフレームが生み出した現象、ガンダム UCで描かれた現象に至っては もはや神話だと思っています。


今回の物語は神話にまで昇華した歴史の軌道修正なのかな?とも思いました。

ガンダム UC 、逆襲のシャアで描かれたサイコフレームというニューテクノロジー、技術的特異点が生み出すとてつもないエネルギーは、その後の『閃光のハサウェイ』ではそれほど描かれていません。

小説版のままであれば、ミノフスキークラフトという新技術が登場しますが。

閃光のハサウェイはUCよりもずいぶん前に書かれた小説なので、UC で描かれたサイコフレームの強大さは技術的なところで辻褄が合わなくなってきてたんだと思います。

おそらくサイコフレームがそのまま進化したらミノフスキークラフトなんて霞んでしまう。

 

UC で広げた風呂敷を仕舞うためにも描いておかなければならない物語だったのかな、と。

 

ただそうしたテクニカルな話を抜きにして、ガンダム で描かれる生々しいまでの人間ドラマは本当に面白いですね。

 

2018年 48G劇場公演の個人的MVP SKE48 TeamKⅡ 日高優月(ひだか ゆづき)さん

f:id:KotaroOkinawa:20181203143829j:image

今年 48Gの劇場公演に足を運んでいて一番良いと思ったメンバーは

 

SKE48 TeamKⅡ 日高優月さん。


沖縄イベントで見てこの人のパフォーマンスを劇場で観たいと思ったことがきっかけで今年からSKE48劇場に足を運ぶようになりました。


3年前は、日高優月さんのこと、名前くらいしか知らなくて、ちゃんと見たのは2年前の2016年のSKE48沖縄イベント。
サンエー西原シティからスタートで、この時はリハも見れて
6期、7期、ドラフト1期のメンバーから選抜されたメンバーの中でそのリハをリードしていたのが日高優月さん。
メンバーは私服で立ち位置やステージの広さや感触を確かめる感じの短めのリハでしたが、

その中で笑顔でリズムを取りながら、メンバーと楽しそうにしている様子と、ふわりときれいにターンを舞ったのが印象に残りました。

ライブのダンスパフォーマンスも良くて、それ以来注目しています。


劇場公演で観ていると本当に毎回パフォーマンスで魅了してくれます。

すらりとした手足を可動域一杯に使い、ダイナミックにキレキレに、そしてしなやかに。楽曲に合わせた高い表現力。

パフォーマンス中の全力笑顔が可愛らしく、カッコイイ表情もキマッてるし、曲中、MCと公演中の表情が豊か。

何より劇場公演を全力で楽しんでいることが客席にも伝わってきます。

MCも面白いし、流れを読んで上手くフォローに入ったり、周りが良く見えてます。

客席への目配りも良いし、ファンへのレスもしっかりしていて、それが自分に対してではなくても、見ていて良いなぁと思います。

お見送りの対応もすごく良い。

劇場に足を運ぶたびに来てよかったなぁと思わせてくれます。

 

握手会も3月に一度行ったきりだけれど話した感じもすこぶる良かったですね。

 

メンバーがよく口にする

「来てもらった人に喜んでもらえるように」

日高優月さんはファンから見て、それがすごくよく体現出来ているメンバーのひとりだと思います。 

 

個人的に この人の存在がなければ、たぶん未だにSKE48劇場に行ってないし、SKE48の楽しさも知らないままだったかもだし、

今年AKB48グループの楽しさを再認識するに至っていないと思います。

 

 

 

2018年 今年一番楽しかった劇場公演

今年はなるべく劇場公演に行きたいなぁと思いつつスタートした2018年

 

11月時点で今年行った劇場公演は10公演

①2018年2月2日(金) SKE48 TeamKⅡ「0start」公演 惣田紗莉渚生誕祭

②2018年3月4日(日) AKB48 Team 8「PARTYが始まるよ」公演 高橋彩音・高岡薫 生誕祭

③2018年3月21日(水)  AKB48 研究生「レッツゴー研究生!」公演

④2018年4月6日(金) SKE48 Team KⅡ「0start」公演 日高優月生誕祭

⑤2018年6月9日(土)   AKB48 Team 8「PARTYが始まるよ」公演 

⑥2018年6月30日(土) SKE48 Team KⅡ「最終ベルが鳴る」公演 初日

⑦2018年9月5日(水) AKB48 「アイドル修業中」公演

⑧2018年10月27日(土) HKT48 Team TⅢ「手をつなぎながら」公演 福岡県外の方限定公演

⑨2018年11月8日(木) SKE48 Team KⅡ「最終ベルが鳴る」公演 大芝りんか生誕祭

⑩2018年11月9日(金)   SKE48 Team E「SKEフェスティバル」公演

 

AKB48劇場 4回

SKE48劇場 5回

HKT48劇場 1回

 

どれもすごく楽しかった。やっぱり劇場公演は満足度高い。

今年から行き始めたSKE48劇場AKB48HKT48は若手が多い公演だったこともあり、初見、発見が多く、あらためてAKB48グループの奥深さ、楽しさを感じました。

 

その中で印象深いのは、

AKB48 Team 8 高岡薫さんの生誕祭。生誕祭に2年連続で劇場に入れてしかも最前列。AKB48劇場での最前は初。とにかくメンバーが近い!細かい表情まで良く見えました。

 

AKB48 研究生公演。16期生。山内瑞葵をはじめとしたAKB48の未来の希望の種たち。中でも安田叶さんのパフォーマンスが良いなぁと思いました。

この子を観に後日『アイドル修業中』公演にも行ったくらい。

 

SKE48 TeamKⅡ 日高優月さんの生誕祭。SKE48劇場に足を運んでいるのはこの人のパフォーマンスを観たいから。

生誕祭に入れたのは幸運でした。

 

HKT48 TeamTⅢ 公演。ドラ2、3期生、4期生がそれぞれの持ち味を発揮していて楽しい公演でした。同時にHKT48の次世代が楽しみだなと思えた公演でした。

 

一番楽しかった劇場公演は

 

SKE48 Team KⅡ 「最終ベルが鳴る」初日 公演

 

初日、当選するのも奇跡なのにまさかの最前列。

初日の緊張感の中でメンバーが見せる全力パフォーマンス、汗と涙にただただ感動。

チームKの体育会系の楽曲多めのセトリとSKE48の命削って魂燃やすような熱いパフォーマンスが見事に一致した公演。

1曲目の『マンモス』からカッコよすぎて泣いた。

ユニット曲の注目は『おしべとめしべ夜の蝶々』の古畑奈和さんの表現力が凄まじく、その妖艶さが醸し出す空間が別の劇場で演劇をひとつ見たような錯覚を覚えるほど。

回遊魚のキャパシティ』でコールしすぎて喉をつぶし

『支え』で目の前の高木由麻奈さんをはじめメンバーの涙にもらい泣き。

たぶん一生忘れない、それくらい満足度が高い公演でした。

この公演は、48Gのファンではない人たちにも是非!見てほしい。

 

12月も遠征したいなぁ。

来年も劇場公演だけは行きたい。

 

f:id:KotaroOkinawa:20181128193107j:image
f:id:KotaroOkinawa:20181128193003j:image
f:id:KotaroOkinawa:20181128193010j:image
f:id:KotaroOkinawa:20181128193326j:image

f:id:KotaroOkinawa:20181128193117j:image
f:id:KotaroOkinawa:20181128193112j:image
f:id:KotaroOkinawa:20181128193014j:image
f:id:KotaroOkinawa:20181128193006j:image
f:id:KotaroOkinawa:20181128192958j:image
f:id:KotaroOkinawa:20181128193021j:image

 

 

Swip ライジング沖縄 あしびなーイベント 2018.11.18

f:id:KotaroOkinawa:20181118204420j:image

f:id:KotaroOkinawa:20181118204606j:image 

この日の あしびなー上空は秋の空

朝は雲が多かったものの雨の気配はなく

午後は日が差してきて夏日でした。
f:id:KotaroOkinawa:20181118204404j:image

Swipは 新衣装では初の あしびなーイベント

やっぱりこの衣装かわいいですね。

自然光の下 さらに映えてました。

f:id:KotaroOkinawa:20181118204408j:image

MCはサラちゃん、めいちゃん、美月ちゃん

以前よりMCに安定感が出てきました。

f:id:KotaroOkinawa:20181118204532j:image

ダンス、Swipのライブ、本日は花道もフルに使う試み。

一般の人に幅広く見てもらうには良いと思いました。

f:id:KotaroOkinawa:20181118205256j:image

f:id:KotaroOkinawa:20181118205305j:image

f:id:KotaroOkinawa:20181118205247j:image
f:id:KotaroOkinawa:20181118205252j:image

毎回思うけれど、ライジング沖縄は まいさん、あんじゅさん筆頭に美形揃いです。

f:id:KotaroOkinawa:20181118205715j:image
f:id:KotaroOkinawa:20181118205709j:image
f:id:KotaroOkinawa:20181118205432j:image
f:id:KotaroOkinawa:20181118205437j:image

f:id:KotaroOkinawa:20181118211240j:image

f:id:KotaroOkinawa:20181118211244j:image

Swip みんなきれいになっていきますね😊

 

f:id:KotaroOkinawa:20181118210148j:image
f:id:KotaroOkinawa:20181118210217j:image
f:id:KotaroOkinawa:20181118210220j:image
f:id:KotaroOkinawa:20181118210159j:image
f:id:KotaroOkinawa:20181118210226j:image
f:id:KotaroOkinawa:20181118210212j:image
f:id:KotaroOkinawa:20181118210207j:image
f:id:KotaroOkinawa:20181118210203j:image

f:id:KotaroOkinawa:20181118210309j:image
f:id:KotaroOkinawa:20181118210313j:image
f:id:KotaroOkinawa:20181118210318j:image

f:id:KotaroOkinawa:20181123021845j:image

f:id:KotaroOkinawa:20181123021849j:image
f:id:KotaroOkinawa:20181118210338j:image

それにしても、今日もめいちゃんが可愛かった、可愛すぎた😊

次は12月クリスマス前の2DAYS。

楽しみ‼️待ち遠しいです😊

SKE48 ドキュメンタリー 映画「アイドル」感想

f:id:KotaroOkinawa:20181110202037j:image

11月9日

最近からSKE48が好きになって、ぜひ見ておきたいと思っていた映画。

運よく劇場公演にも当選したこともあり、名古屋遠征して観てきました。

 

 

映画はファンに与える楽しさの裏で、少女たちが葛藤し、戦う姿、今のSKE48のリアルが描かれています。

もちろん限られた時間なので

描かれなかったメンバーの物語もあると思うけれど、ここ数年のSKE48のトピックス、要素を可能な限り盛り込んだ作品だと思います。


エース松井珠理奈について描かれている時間が多いのは、それだけ彼女の存在がSKE48にとって大きいからに他なく、

SKE48の10年、現在を描くための主軸であり、それだけ時間が必要だったんだなと思いました。


松井珠理奈が背負った宿命。

1期生の思い。 

11歳でグループのセンター、エースを背負って10年間 戦い続けた彼女の思い。

AKB48を超える、越えなければならない

という呪縛とも言える思いは

少しずつ彼女の心を削っていったんだなと思いました。


高柳明音斉藤真木子AKB48から移籍してKⅡリーダーを務める大場美奈らが語る今のSKE48

客観的な視点でグループの立ち位置、現状を語っています。

受け継いできた思い。

これからのSKE48にかける思い。

松井珠理奈 不在の中でグループの顔を務める須田亜香里の葛藤。

また、中堅となりグループの大きな柱になりつつある6期生。

その6期生を育て、SKE48のみならず48Gの研究生たちに希望を与え続け、先日 卒業を発表した松村香織

熊本から名古屋に移り住み、アイドルという夢を追いかけている井上瑠夏。

アクティブに全国を回るリリースイベント。

夏の連続ライブイベント。

とにかく盛りだくさん。

終盤、10周年を迎え現在のSKE48が目標とする単独のナゴヤドームコンサートへの思いが語られます。

 

この映画を観たかった理由のひとつは、松井珠理奈

以前はそれほど興味を持っていなかったのだけれど、

「豆腐プロレス」からだんだんとその孤高の存在感、カッコよさに興味を持ったからでした。

今回の映画で実に人間くさい一面を持った彼女のことが好きになりました。

 

映画の中で特に印象に残ったのは

松井珠理奈は強いのか?」

の問いに対して、須田亜香里

「弱いでしょ」

と答えた場面

ありのままの自分、弱さをさらけ出せないのはある意味弱い証拠といったニュアンスで語られています。

映画全体を通して、須田亜香里がすごくクレバーで気遣いの出来る人だということが伝わってきました。

その中で彼女にしか語れない松井珠理奈があるのだろうなと感じた中のひとつでした。

 

もうひとつ

6期生が後輩に

私たちはプロなんだから、

頑張りました、でも出来ませんでした

は通用しない。

ファンに結果で見せなければ

と伝える場面

ステージに立つ者としての覚悟が語られています。

当たり前のことかもしれないけれど、

頑張ってるけど出来ない

を口にするアイドルは少なくない気がします。

SKE48に受け継がれるプロ魂が垣間見えました。

 

 

 

AKB48を越える

過去のSKE48を越える

そんなこと思わなければもっと楽なのかもしれない。


けれど

本当の楽しさは何かを追い求めて、傷ついて苦しんだ先にあるのかもしれない。

それは時に命を削るほどの作業なのかもしれない。

 

もしかすると

アイドルは職業というより「アイドル人生」という言葉が示すように生き方そのもので、その命を全うするまで上を目指して走り続けるもの、駆け抜けるものなのかもしれない。


そういうことも考えさせられました。


AKB48グループのファンとしてSKE48も断片的ながら見てきたつもりだったけれど、SKE48メンバーの思いの強さ、深さは想像を超えていました。

 

私は沖縄イベント以来、今のSKE48が好きで、特に劇場公演の日高優月さんを見たくて名古屋に足を運んだりしているけれど。

他のSKEヲタさんたちのようにSKE48を支えるような立派なヲタクにはならないと思います。

それでも

今のSKE48は見ていて本当に楽しいと思うし、

これからもメディアや名古屋に足を運んで見守っていきたいと思います。

SAKAEクリーン大作戦! with SKE48 2018.11.10

f:id:KotaroOkinawa:20181110201729j:image

f:id:KotaroOkinawa:20181111064048j:image

f:id:KotaroOkinawa:20181110201808j:image

沖縄に帰る飛行機まで時間あったこともあり、興味本位で参加してきました。


参加メンバーは、井上瑠夏・上村亜柚香・野村実代・太田彩夏・相川暖花・末永桜花


9時過ぎに会場の栄の白川公園へ。

受付に行き、スタッフさんからゴミ袋と参加証、グループ分けのカードを受け取り。


カードに書かれてあるグループ毎に整列して待機。


10時に参加するSKE48メンバーが登場。

ステージからご挨拶。


グループに分かれて白川公園の周りを1時間ほど清掃活動。

あまりゴミ落ちてないかな?と思ったけど、結局頂いたごみ袋いっぱいになりました。

終わったらゴミの分別をして再度集合。


メンバーがステージに立って締めのご挨拶。

その後、テントでメンバーが参加証にハンコを押してくれました。

並んだ順番に目の前に来たメンバーからハンコをもらえます。


ハンコ押しはちょうどチームKⅡの太田彩夏ちゃん。

「一昨日KⅡ公演行きました」

と伝えると

「また来てくださいね!」

の笑顔。

可愛かった。

劇場で見ていて美少女だな、と思ってましたが近くで見るとさらに美少女。

来て良かった。


スタッフさんから参加記念品のステッカーを受け取り終了。

 

楽しかったですね。

SKE48はイベントが多くてファンは幸せだと、あらためて思いました。